雑記

お宝を整理する。

 ←give.me.a…? →沖セイ漫画③


一作年末の大掃除中。
祖父宅の掃除の手伝いに行っていた母から
「優月(仮)の荷物らしい段ボールがあるけど、どうする?捨てる?」
と連絡があった。
「私の荷物?じーちゃん宅に?なんで?」
と疑問に思うも、生まれて~小1くらいの頃までは、お爺ちゃん宅のお隣の借家に住んでいた&引っ越しても共働きの両親だった為、良く祖父宅に預けられていたので、その頃に家から持って行って遊んでいた玩具や読んでいた本等を纏めて取っていてくれたのだろうな…と思い、懐かしくなり
「捨てなくて良いよ。今度、取りに行くから。」
と伝え置いて暫く…。
思い出したように取りに行った荷物は、どうやら祖父宅に引っ越した弟が間違って一緒に持って来てしまった物との事。
「何だ、小さい頃の思い出の品じゃないんだ…。」
と残念ながらも、開けて見てビックリ!
「おおおおおお~~~~!!!!!お、お宝じゃぁ~~~!!!!」
自宅火災と共に燃えてなくなってしまっていたと思っていた原稿がっ!
ふぁ~❤懐かしいぃ~❤❤私が初めて出した風本の原稿も、当時挿絵を担当して下さった絵師様のイラストも残っているよ!と大興奮。
「自分の原稿、(絵が)すげぇ下手!」…と、ゲラゲラ笑いながらも懐かしかった。
当時の一生懸命がその箱に一杯詰まっていて、初心忘れるべからず!の気持ちが再度戻って来た様でした。(笑)

…と、言う事で。
初心忘れるべからず、恥も晒して置きますか…と言う事で、いつ描いたかは覚えていないのですが、でも未発表な漫画が一つ出て来たので
(でも、本の形状をしていたので、極一部の知り合いにだけ本にして贈ったのだろうな…な作品)
そちらを本邦初公開。永年供養させて頂くべく掲載させて頂きます。
何時もの小説ではなく、漫画なので好き嫌い好みもあると思いますので、冷やかしや物めずらし好きな方は是非、是非、「その他」の「沖セイ漫画③」にお目を通して頂けましたら幸いです♪(笑)

では!



前回雑記並びに過去作品等に拍手下さった方々、誠に有難うございました!
コメント頂いた方にはコメント返しをば。

■コメント返し
■紫音 様■

今日和、紫音様。
この度もコメント誠に有難うございました!

誤送信についても、どうぞお気にならさらないで下さいね。
私も人様にメールを送る時、まだ記入途中の文章をうっかり送信してしまう事って良くありますので。
お気にならさず、幾らでも誤送メールしちゃって下さい。(笑)

…と、バレンタインとは名ばかりの駄作にも拍手&お褒めのお言葉を頂き誠に有難うございました!
「先生はほんとにエロくてセイちゃんも実はエロいんだと堂々としているのが良い」
との紫音様のお褒めのお言葉に、うちの沖田先生がエロい事は、私ももう自他共に認めていたので良いのですが、セイちゃんが…。
うちのセイちゃん、やっぱりもう少し慎みがあった方が…よ、良いですかね?(泣)
もっと、嫌よ、嫌よと抵抗する方が…よ、良いですかね?(大汗)
紫音様から指摘を受けるまで、うちのセイちゃんはこれでも恥じらいはあって、好き者には書いていないつもりでいたので…。
凄い衝撃を受け、黄昏ておりました。
セイちゃん、恥じらいなくなったら乙女として駄目じゃん!…と。(大汗)
紫音様のコメントを頂いた後、3、4日掛けて狂った様に朝から晩まで他サイト様の沖セイエロ小説を読みまくりましたが…。
「ホントね!うちのセイちゃん、恥じらいないね!好き者だね!淫乱だね!」
とへこむと共に、自分の所の作品の質が格段に落ちていた事にも気が付き更にショックで…。
作品のあとがきでウンチクたれてる場合じゃねぇよ!
お前何様だよっ!ウンチクも鼻に付くわ!
こんな質の落ちた作品しか書けない様なら、ブログなぞ止めてしまえっ!…と、本気で自身を叱責しました。
皆様、紫音様、本当に済みません。
私目、初心を忘れて調子に乗っておりました。
毎回のウンチク入りませんね。
調べ物にかまけてエロの質が落ちていたら、18禁ブログとはとても言えません。
こんな茶番の駄作に毎回お付き合いさせてしまって本当に済みません。
沖セイエロを銘打って書き続けるつもりならば、もっと艶を勉強しなくては!もっと精進しなければ!と思いました。
急にガラリと作風を変える事は出来ませんが、初心忘れるべからずの気持ちでこれからも。
少しでも閲覧者の皆様に楽しんで頂ける様なエロを提供して行きますので、どうぞ宜しくお願い願い致します。
紫音様、この度は有難いご教示を誠に有難うございました!

…と、紫音様の某所の作品は、何時も楽しく拝見させて頂いております♪
ネタバレしてしまって良いのやら、どうやら…ですが、長期連載になった初転生ものから暫く。
どの作品も読み物として大変楽しく読ませて頂いていた中、意外性をつく短編のストーカー話やら久し振りにワクワクドキドキしながら毎回の更新が待ち通しかったもう一つの中編転生もの。
そして、現在連載されている作品も。
意外性に飛んだ始まりで、先が気になるお話を書ける紫音様の創造力、手腕は流石だな…と思いつつ。
セイちゃんは可愛いですものね!
魅力的な女子ですもの!
皆が惚れないいわれはない!
だからこそ、今の連載作も素直に納得して読める分、とても面白くて素敵なのですが…。
紫音様…。
先生の…沖田先生の分岐は…?エロは…?
え?何でないの…?
土セイはあって沖セイないって…。
何の生殺し?
あ、沖セイ好きーさんの生殺しですか?
もとい日干しですか?
「エーロ!エーロっ!沖セイでもエーロっ!」
と机をバンバン叩きながら私は抗議します!
沖セイのエロも書いて欲しいです!
はしょらず書いて欲しいです!
てか、もう追加で書いて下さい!私の為にっ!世の沖セイ好きーさん達の為にも!
後、「上から目線で何者!?偉そうに!」
と、激怒され頬を張られてビンタされても構いません。言わせて下さい!!
紫音様の艶の…エロの質は確実に上がっています!
だって、優月、興奮したもの!
土セイなのに、良いって思ったもの!
久し振りに土セイも悪くないって思ったもの!
紫音様は確実に、着実にその腕を上げられているので、何時か私の方が粗末なエロしか書けなくなると恐怖しているくらいの存在なのですから…。
頑張って沖セイエロも書いて下さいませね♪
楽しみにしております!(笑)

…あ。紫音様はチョコレート依存症&コーヒー依存症なのですね。
うちの妹みたい。(笑)
妹も気が付いたら何時もコーヒー飲んでて、一日一回。毎日、チョコ食べてますんで。(笑)
コーヒーとチョコはセットで依存するものなのかしら?…と思いつつ。(笑)

この度もコメント。誠に有難うございました!

■月葉 様■
今日和、月葉様!
先に発表したバレンタイン話。
お楽しみ頂けた様で光栄でした!

チョコで現代物も一応途中までは書いて見たのですが、何だか余りにもありきたりで面白くなかったので、幕末のお話に作り変えるか…と思い立って書いてみたのですが、ちっともバレンタインらしくならず…。
寧ろ風呂話になってしまって失敗した感満載でしたが、楽しんで頂けたのならば良かったです!
そして、月葉様は本当に褒め上手ですね。(笑)
私の書くエロくないお話もすごく素敵だなんて。寧ろエロの無いお話のセイちゃんは可愛さ200%増しだなんて言って頂けて…。
とても嬉しい反面、お恥ずかしい…。
エロではド淫乱で申し訳ないうちのセイちゃんを可愛いと言って頂け、あまつさえエロくないセイちゃんも大好きだなどと言って頂けて…。
もう号泣です。いっそ、淫乱セイちゃんじゃなくて、可愛いだけを目指してエロは止めてしまおうかと思うくらいですよ…。(涙)

「鬼子の嫁」は…はい。来年まで続く予定で。
夢に降りて来るようなラストはきっと素敵なものになる…とは保証出来ませんが、月葉様にもご納得行かれるようなラストを目指して頑張りたいと思いますので、どうぞ最後までお付き合い頂けましたら幸いです。

…と、月葉様も歳セイや斎セイあんまりお得意じゃないのですね。
セイちゃんへの片思い話なら全然いける…。
あ、歳→セイや斎→セイって事ですね。(笑)
だったら、私もイケます。エロも読めます。
只、大興奮しない。心動かないと言う話なだけで、その作品に納得出来れば受け入れられるかな…?と。(笑)
風はどうしても沖田先生ありき。セイちゃんが沖田先生に恋心を抱いているからこそありきな…成立する話だと思っているので、例えばですが、セイちゃんが沖田先生を想っていたけれど、先生があんまりにも野暮天過ぎて、この恋は叶わないのだな…と思った時に優しくされた土方さんや斎藤さんに気持ちが行って~自然と両想いになると言うのは有りだなと。
初めから土方さんに一目惚れで、とか斎藤さんが好き、とかは論外。
沖田先生への想いありきで流れる分は許せる。
それが私の許容範囲で、実際、私もそう言うお話を書いた事があるので
(でも、やはり沖セが好きなので途中で沖セに逃げましたが。(笑))
駄目ではないけれど過程は大事だと思っております。
今はもう活動されておらず別ジャンルに移行しちゃった土セイ描きさんがいらっしゃるのですが、その方の描く土セイは本当に好きでした。(笑)
まさに私が許せる許容をそのままを物語にして下さった様で…。
沖田先生が好きなのに土方さんの優しさに引かれて行くセイちゃんが、最終的には土方さんと両想いになるのですが、その間の葛藤や涙がもう本当に原作にあっても可笑しくないくらいに素敵で…。
セイちゃん、凄い可愛かった…。
今でも大好きな土セイ絵師様なんですよ♪
…と、語った所で。
そうそう!妹、封神好きでした!
私は藤崎さんのトーン一杯の絵が目にチカチカして読みにくくて敬遠してましたが、今じゃあ、ああ言う作風の漫画も多いので平気になりました。(笑)
と、今も同人便箋はありますし、地方の田舎のイベントと言えば相変わらず本よりも便箋やグッズですよ♪(笑)
都会のイベントと言えば本ですが、田舎だと来場者のお客さんが低年齢なので本なんてあっても殆ど売れませんからね。
デジタル社会になって字を書く人が少なくなったので、今は便箋よりも見て飾って置けるポストカード。
お手軽グッズだったラミネートカードもお洒落なアクリルキーホルダーに変わり主流になって来ましたが、今も昔も然程変わりません。グッズ専門のサークルも多いですしね。(笑)
しかし、10年以上同人界を離れていようとも月葉様が先輩には代わりないので、先輩と呼ばせて頂きながら…。(苦笑)
月葉先輩、二次はヤル気ですよ!
周囲の書き手さんに萎縮してしまっていたら好きな事は出来ません!
今更も何も…、そんな事、先輩が言っていたら私なぞ先人の風古参の尊い先輩方に蹴られます!
(当時)風の同人ブームが下火の時に、よくもまぁ恥ずかしげもなく活動始めやがったな!って。(笑)
当時を語りながら今も現役で活動している方は本当に数少なくなりましたが、そんな人達からしても、風の次の担い手となるだろう二次作を作って下さる世代の作家の誕生は嬉しいですし、どんどん増えて欲しい!
少なからず、私はそう思って新しい作家様を全力で応援しておりますので、月葉様も是非に頑張って下さい!
一つでも作品が完成したらブログをやってみたいとの事。
是非に!是非に!
その折りはどうぞうちのサイトにリンクを貼らせて頂けましたら幸いです♪

それでは、この度もコメント。誠に有難うございました!

■まー坊 様■
今日和、まー坊様。
バレンタイン話、お目を通して下さって誠に有難うございました!
江戸時代のチョコレートはどうだったかは分かりませんが、コーヒーは激マズだったようですね。(笑)
日本では薬茶として知られていた点からも、今のように日本人好みにブレンドされていなかったので、本当に薬みたいに苦かったのだろうなと…。
当時のものを口にする事は出来ませんが、資料として残る説明から読み解いて物語を作るのは、本当に楽しいです♪
まぁ、それとエロとが結びつかなければ、どんなに書いてもうちでは駄作になるんでしょうけども。
行き過ぎた愛が最近とても辛い…。エロ話書くの辛い…とへこんでばっかりです。(溜息)

そんな私を励ますかのように、バレンタイン話では、セイちゃんが色っぽく見えていたとの事で…。良かったです。
着衣エロはエロの基本ですから!
うちの作品って、皆、スッポンポンで行為を始められると思われていますが、はしょってるだけで違います!
一度目は全部は脱がせていないのです。二度目、三度目になる頃には、ほぼ真っ裸でやってますが、一回目は着ている…思いっきりはだけさせてはいますが、着ている想定で書いているんですぅ~。(泣)
江戸の人はせっかちさんで服を脱がずにやっちゃうのが普通&女性が初めから男性に全裸をさらす行為は、恥じらいがなくタブーだった事。遊女は男の前で絶対に全裸にならないのだとか。
着衣エロについて調べる際に、何かの本でそう読んだので、江戸生まれ、江戸出のセイちゃんも沖田先生もそのつもりで行為は行って貰っているので、セイちゃんは着てるんです!目に見えなくても着てるんです!
でも、燃え上がったら脱がされてるの!先生にね!何時の間にかね!先生、手が早いから!(笑)
何時の間にか二人ともスッポンポンになっているんですよっ!
…と、ここで何の言い訳をしているのやら?
おおおお…。済みません、まー坊様。(大汗)

「濡れた肌に襦袢」は勿論、反則です!
先生の興奮スイッチ所か、私の興奮スイッチがオンになって、先生には思いっきり舐めて貰ったり、舐めて貰ったり、舐めて貰ったり…。(←私、多分、(先生がセイちゃんの胸やあそこを)揉むより吸うより舐める描写が好きなんだと思います。(笑))
四半時(30分)も舐められてたら、セイちゃんトロトロになっちゃうでしょ!そりゃぁ、骨抜きにもなるでしょ!
そう言う描写を書きたかっただけの今回のお話。
自身の趣味を全開にしてはいけない。
先生に四半時も愛撫させちゃいけない。
セイちゃんが直ぐいっちゃう。エロの醍醐味、まぐわい場面少なっ!と、色々、色々、色々…と反省ばかりの今作でしたが、少しでもまー坊様の萌えを満たせたのならば幸いでした。

…と、まー坊様宅にお送りさせて頂いた解説。
お役に立てたのならば幸いでした。また沢山の有難いお言葉に感激で涙が…。
私のような者が人様のご尊敬を頂けるような立派な人間な訳はありませんが、人に言葉で伝える大切さ、想いを言葉に綴る大切さを私のような者から感じて頂けた事は本当に嬉しかったです。
私の人生や経験が今に生かされ、それをまー坊様が引き継いで下さるのならば、本当に有難い!
これで私は何時でも風の二次から引けるわ…と安心です♪(笑)
次代の沖セイエロ小説は、まー坊様がいれば安泰ですね!良かった!良かった!
お任せ致しましたよ、まー坊様!次世代の沖セイ作家様を母の如く見守り育てて行って下さいね!

それでは、この度もコメント。誠に有難うございました!

関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
総もくじ  3kaku_s_L.png 長編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 中編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
もくじ  3kaku_s_L.png 展示物
もくじ  3kaku_s_L.png その他
もくじ  3kaku_s_L.png 同人
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
もくじ  3kaku_s_L.png リンク
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png アンソロ企画
  • 【give.me.a…?】へ
  • 【沖セイ漫画③】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【give.me.a…?】へ
  • 【沖セイ漫画③】へ