更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 04

【  2017年03月  】 

特に申し上げる事はございません。でも強いて言うなら今日の雑記は食べ物の話です。

雑記

2017.03.01 (Wed)

    妹君が、夢の国に行ってました。お土産にクリアファイルとバレンタインのお返しにとクッキーを頂きました。ウマウマでした。特に語る事もなく…先月最後の雑記で予告して置いた、バレンタインに上げたかったバレンタインとは名ばかりの偽造小説を上げて帰ります。お楽しみ頂けましたら幸いです♪前回雑記並びに過去作品に拍手下さった方々、誠に有難うございました! コメント頂いた方にはコメント返しをば。 ■コメント返し■ま...全文を読む

PageTop▲

give.me.a…?

短編小説

2017.03.01 (Wed)

 give.me.a…?「ぎゃ!何ですか、この苦いお茶。良い香りはするのに煮出した緑茶よりも苦いですよぉ。神谷さん、煎れ方を間違えたんじゃありませんか?」「そんな事はありません!教わった通りに匙で一杯、二杯掬った粉を器に入れ適量の湯で溶いて…直ぐ飲める様にと少し冷ましてはいますが、作り方は間違っていませんし…。」ねぇ、局長?と問う様に不安げに近藤をチラリと見るセイに大きく頷いた近藤は湯飲みに口を付けた。「はは、餓鬼...全文を読む

PageTop▲

お宝を整理する。

雑記

2017.03.07 (Tue)

 一作年末の大掃除中。祖父宅の掃除の手伝いに行っていた母から「優月(仮)の荷物らしい段ボールがあるけど、どうする?捨てる?」と連絡があった。「私の荷物?じーちゃん宅に?なんで?」と疑問に思うも、生まれて~小1くらいの頃までは、お爺ちゃん宅のお隣の借家に住んでいた&引っ越しても共働きの両親だった為、良く祖父宅に預けられていたので、その頃に家から持って行って遊んでいた玩具や読んでいた本等を纏めて取ってい...全文を読む

PageTop▲

沖セイ漫画③

その他

2017.03.07 (Tue)

 無題いつ描いたんだろうね…。覚えてもいない漫画。供養奉納するつもりで上げました。無理やりでも沖セイは美味しい。でも私の画力が伴わないので不味い。困ったものです。(笑)それでは、ご閲覧頂きまして誠に有難うございました!...全文を読む

PageTop▲

特に喋る事もないけれど、暫く閉じ籠りに入りますと言うご挨拶に来た件。

雑記

2017.03.13 (Mon)

 特に話題はない。毎日、暇…と言う名の今夏発行予定の「プチラヴァ現代版、書き下ろしパート部分」の原稿が書きたくない病で逃亡を繰り返すので、そろそろ喝を入れるべく、原稿一択に集中させる為に閉じ籠りたいなと思います。色々逃げに走らないように、雑記連載していた「恋唄」も1話から最新話まで纏めて長編小説ページ部分に掲載しました。(当時、雑記にて掲載中、各話にて拍手下さった皆様。誠に有難うございました!)今後...全文を読む

PageTop▲

優月、逃げに入る。

雑記

2017.03.22 (Wed)

 うが~~っ!原稿が全然、終わんないっ!エロ部分になると、どーしても詰まる。沖田センセー、もう少しっ、もう少しっ!マシな台詞吐いて下さい!貴方の台詞一つで物語が進まないのですよっ!今月中に終わらせたいんですよ!来月、私は念願だった、人生初の北海道旅行に行くんですよ!函館に…五稜郭公園に行きたいのですよぉぉ~!(泣)頼むから、もう原稿地獄から脱却させてくれっ!(大泣)…と、叫んだ所で原稿は終わんないんだ...全文を読む

PageTop▲

一つ片付くかと思いきやまた問題がやって来るって…どうなのかしら?

雑記

2017.03.28 (Tue)

 久し振りに愚痴って見る…と、言うか何時も愚痴っているので、うん。弱音か?弱音吐いて見る。昨日は、眼科の定期検診で~衝撃の告白を先生からされたんだぁ~。「優月(仮)さん、今から5、6年後。右目の手術をしようね。」「え?何でですか?」「優月(仮)さんの右目ね、近い将来、緑内障になるよ。失明してしまう前に少しでも進行を遅らせる様に早めに処置をして置こう。左目が既に障害があって見えないからね、右目を手術す...全文を読む

PageTop▲

PETITPETITLOVERS~幕末版~②(再録)

短編小説

2017.03.28 (Tue)

 「先生、あの…。失礼ですが、最近、少しふくよかになられた様な気が…?」 情事を終えた布団の中、セイは覆いかぶさったままの状態の総司の顔をまじまじと凝視しながら遠慮がちに問うた。「そうですかぁ?久し振りに身体を合わせたからそう感じるだけかもですよ?」 ヘラリと笑って答えた総司の顔は、締まりのない表情で緩みっぱなし。久方振りの…三月(みつき)振りのセイとの逢瀬を心行くまで堪能仕切った満足感に溢れた、この...全文を読む

PageTop▲

前月     2017年03月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

優月遊

Author:優月遊
優月遊で【ゆづきあそび】と読みます。
九州の山奥在住。
腐暦1×年の一応、女子?
PCオンチで機械オンチ。
故に殆ど使いこなせないPCで何故、
今更ブログを始め様と思ったのか謎な頭の持ち主。(笑)
沖セイ大好き!
和柄物大好き!
クマの縫い包み収集が好き。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

和風丁~夜語り~

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR